ドーナツを買おう!(子どもお金教室)

カテゴリー/

2017年12月4日

 12月1日、「知るぽると三重」(三重県金融広報委員会)から3名のスタッフの方におこしいただき、「子どもお金教室」を開催しました。対象はきりん組の子どもたちです。
 100円のお金と100円のドーナツの価値が同じであることは、子どもたちも何となく理解してはいます。ですから、「これは150円だから買えない。よしこれにしよう!」とある意味当たり前の我慢を学んでいきます。これはとても大切なことですよね。でも、子どもたち同士の会話の中に「みんなで100円を出し合ったら、買えるよね!」という声が上がりました。すごいですね。みんなで出し合って買えばいいんですよね。そして分け合えばいいのだから‥‥。
もっているお金の価値と、欲しい品物の価値を合わせる‥‥、それで買い物ができるのですよね。どの子もとてもいい学びができたと思いますよ。