身を守る!(避難訓練) 

カテゴリー/

2018年9月6日

 避難訓練は、毎月必ず実施している取り組みの一つです。今年度は、坂本先生が中心となり、子どもたちに丁寧に丁寧に身を守る術を届けています。園長である私が進めてきたのと大違いです。フリップを用意したりペープサートを用意したりと、子どもたちの目線で訓練を続けてくれています。子どもたちも、一生懸命です。それぞれの先生の話をしっかりと聴いて、素早く避難します。月を追うごとにとても上手になってきています。
 今年度から、消火訓練にはきりん組の子どもたちも参加してもらうことにしました。
「火事です!火事です!119番お願いします!」ととてもよく聞こえる大きな声で叫び、消火器を見事に使います。現実的には、5歳の子どもが消火器を使って火を消すことは無理なことだとは思いますが、大声で叫び助けを求めることや、消火器の役割やその大切さを心に刻むことはとても意義深いことだと考えます。