りす組の子どもたちが「たこあげ」を楽しみました

2017年2月3日

年を越し、新年を迎えました。保育園では、子どもたちが「お正月遊び」を楽しんでいます。りす組の子どもたちがビニール袋に模様を書き込みビニールひもを吊るして尻尾のある凧を作りました。手に持って走ると袋が膨らんで凧になりました。みんな頑張って袋の凧をもってはしってました。ビニール紐のしっぽが風になびき素敵でとても嬉しそうでした。昔ながらのお正月遊びやってみるととても楽しいですね。